鶴ヶ崎鉄工ではステンレスの加工も承っております。

NC旋盤で外径、内径、内径ネジと加工します。


縦溝は汎用旋盤にて、手研ぎバイトを使い丁寧に加工します。

最後にCNC旋盤にてフライス加工をします。

今回、外周のR加工の際にCADで図面を引き、DXFファイルをCNC旋盤に取り込み使用しました。

プログラムを作る際に寸法を入れなくても加工が出来るのが利点です。


今後も状況に合った加工方法を選択してより良い物を作りたいと思います。