今回は全長600のシャフトの加工です。

全長は一般交差ですがTESAのバイトゲージで確認をしながら+-0.05以内に収めます。

ガンドリルで貫通穴も開けました。

単品加工ですので外径をNC旋盤で、溝加工や穴加工を汎用旋盤にて行いました。

旋盤加工のみのご依頼です。

センターレスのご依頼もあります。

センターレスで研磨がある場合は研磨後に全長決めをして対応させて頂きく場合もあります。


今後も他にない技術を持った旋盤屋を目指して頑張っていきます。