今回の工程は、

旋盤加工→フライス加工→ワイヤ放電加工


フライスでも加工できますが今回はワイヤ放電加工を採用しました。

時間はかかりますが機械に人がついている時間が短いので効率よく仕事が回せます。

一般交差でもJIS精級で納品するのでワイヤ放電加工はうってつけです。


ワイヤ放電加工機を導入後まもないですが稼働率が高いです。